開張足 原因

2000人以上の開張足・外反母趾を治してきた方法!サラッと読んで正しく理解!

外反母趾の人の足に100%全員が共通する特徴が・・

 

 

「開張足(かいちょうそく)」という状態です。

 

 

足の甲が横に広がって、平らになってしまった状態がわかると思います。

 

横アーチ筋の退化という状態ですね。

 

 

模型で見るとこんな感じになります↓↓

 

 

足の甲にアーチがなくなり、足の指同士が広がった状態になっているのが分かりますか?

 

 

正常な横アーチの足はこんな感じ↓↓

 

 

 

 

一般的に、ハイヒールや足に合わない靴が外反母趾の原因と考えられていますが、

 

実は、靴が原因で親指が曲がるのではなく、足が開張足になってしまう事で、親指が曲がってしまうのです。

 

今まで履いていた靴がきつくなったりしていませんでしたか?足の横幅が広がるから、靴がきつくなっていたのです。

 

 

 

 

足は重要な筋肉があります

 

これらの筋肉があることによって、親指を曲げたり、反らしたり、広げたり、閉じたり、といった

 

様々な動作をする事ができるのです。

 

 

 

ところが、足が横に広がってくると、今までバランスがとれていた筋肉が、

 

ちょうど「弓の弦」のように足の指を引っ張ってしまい、

 

親指が曲がってしまうのです。

 

 

 

こんなイメージです

 

 

1、足の筋肉がそれぞれバランスをとって、指を様々な方向へ動かせるようになっている

 

2、開張足になり足の横幅が広がる事によって、「親指を曲げる筋肉」と「親指を伸ばす筋肉」が、
  弓の弦のように引っ張る事で、親指が曲がってしまう    

 

3、さらに、「親指を他の指に引き寄せる筋肉」が、引っ張る事で、親指の曲がりが進行し、捻れ(ねじれ)も発生する

 

 

 

このメカニズムは、小指が曲がってしまう「内反小趾」の場合も全く同じです。

 

よく、外反母趾になるから、内反小趾になってしまうと勘違いする人がいますが、「内反小趾」も「外反母趾」も

 

「開張足」が起こり、筋肉が指を引っ張る事が原因で起きる症状なのです。

 

ハイヒールや足にきつい靴を履くことで、外反母趾の進行を早める事はありますが、根本の原因ではありません。

 

外反母趾は、まず足が「開張足」になることで起こる症状であるという事実を、しっかりと理解してください。

 

 

 

そもそもなんで開張足になるの?

 

代表的なのが、足の指の骨をつなぐ靱帯が弱り、広がっていくという説があります。

 

なぜ靱帯が弱るのかというと、体重の増加や、運動不足、体質、老化、ホルモンのバランスの悪化などが言われていますが、

 

どれも信憑性に欠けるものがほとんどです。

 

 

 

では、本当の原因とは何でしょうか?

 

それは、“ペタペタ歩き”が原因で、開張足になると、私は考えています。

 

“ペタペタ歩き”という悪い歩き方をすると、本来使うべきある筋肉を使わずに歩いてしまい、この歩き方を何年も続けていると、

 

その筋肉が退化し、結果として足の横幅が広がってしまうという事になるのです。

 

 

 

 

では、その筋肉とは何か?

 

「横アーチ筋」という筋肉です。

 

下図は横アーチ筋を表した模型になりますが、この模型を見ても解るように、

 

横アーチ筋が足の甲の骨と骨の間にあることがよく分かります。

 

 

本来、この横アーチ筋が、骨と骨をしっかり寄せ付け、足の横アーチを形成しているのですが、開張足の方は

 

横アーチ筋の筋力がなく退化してしまい、骨同士を寄せ付ける事ができなくなり、体重に潰されて徐々に横アーチが崩れていきます。

 

 

 

 

横アーチ筋とは、足をどのように動かす為に使われる筋肉なのでしょうか?

 

この横アーチ筋をよく見ると、足の先から3つ目の

 

関節部分に、つながっています。(足の先から3つ目の関節を、第3関節と呼びます)

 

 

横アーチ筋は、足の第3関節を曲げる働きをする筋肉でもあるのです。

 

この写真は、足の第3関節を曲げた時の写真です。

 

 

 

 

横アーチ筋は、第3関節を曲げるための筋肉ですが、普段の生活の中で、上の写真のような、

 

第3関節を自分から曲げるような動きをする事はありません。

 

 

では、普段どのような時に、この横アーチ筋を使っているのかというと、曲げる動作とは逆の時です。

 

つまり、第3関節が反れた時に“グッ”と力が入る瞬間があります。

 

それは、歩く動作の中で足の指に体重が乗る瞬間、まさに下の写真のような状態を指しています。

 

この時、体を支えているのが、この横アーチ筋なのです。

 

 

 

 

仮に、この写真の瞬間、横アーチ筋の働きがなければ、

 

足の指に体重が乗った時、足の骨や関節だけで体重を支える事になり、

 

痛めてしまうはずです。

 

横アーチ筋とは、歩くたびに指先に体重が乗った瞬間、しっかり体重を支える事で、

 

退化する事なく鍛えられるものなのです。

 

ましてや、一日何千歩も歩きますから、それだけで十分鍛えられるものなのです。

 

 

 

ところが!!

 

ペタペタ歩きというのは、指先に体重が乗る瞬間というのがありません。

 

指先に体重が乗りきる前に、次の足が地面につきながら歩いてしまうのです。

 

 

 

あなたの歩き方も、“ペタペタ歩き”になっていませんか?(動画で確認してください)

 

 

このような歩き方を1日何千歩も繰り返しては、筋肉が退化してしまうのもうなずけると思います。

 

 

 

 

 

では、どうやって正しい歩き方を身に付け、開張足を改善治療すればいいのか?

 

 

13年で2000人以上の外反母趾を診てきた古屋先生が監修したDVDの詳細はこちら

 

 

 

 

古屋先生が監修したDVDをお勧めできる理由

 

開張足はこのDVDを見てトレーニングすれば、

 

必ず良くなります!

 

 

13年間、さまざまな症状、そしてさまざまな年代の外反母趾患者さんに指導してきたなか、

 

結果の出た方法だけをまとめたものが「4つの正しく歩くコツ」をDVDを通じて身に付けることができます。

 

もうすでにあなたの足が平らになってしまった開張足でも、例え医師に「あなたの足は、横アーチが崩れていますね」と言われた

 

状態だとしても遅くはありません!

 

 

正しい歩き方が出来るようになると、

 

親指にかかる負担が減るため、その時点で痛みが改善していきます。

 

それが、早い人で2週間程、遅い人でも3ヶ月程度の期間で実感できるはず。

 

いろいろな治療院にいき、インソール使ったり、外反母趾対策用の靴を履いたり、また、テーピング治療を続けたり、

 

グーパー運動、タオルトレーニングで改善されなかった方には特におすすめできる効果的な方法であり、

 

治療院の先生たちもお勧めしています

 

 

 

 

 

開張足で悩む人全員に試して欲しい歩き方です

 

歩くことは日々重要なことであり、長年の悪い癖が思わぬ弊害になっています。

 

 

 

 

今現在インソールを使っている、、外反母趾用の靴を履いている、テーピングで治療で努力されてるかたは

 

このDVDを一度見て実践すれば、劇的に改善するはずです!

 

 

返金保証も付いてます。

 

まずは、DVDを見てください。

 

 

あなたの生活が変わります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

PR